皆さま、ご機嫌麗しゅうございますか?
先日ホム マリは、兵庫県明石市方面に用事があって、その時に、少し気になっていたタイ料理屋さんにお伺いしてきたわ。
本当は、お店で頂くつもりだったのだけれど、コロナの影響で、テイクアウトのみの営業をされていたの。
本心は、ちょっと残念…と思っていたら、これが塞翁が馬。
楽しい結末になったのよ♪
今日は、「朝霧の可愛いタイ料理屋さん、タイのおうちごはんaroina」のお話。

食前食後の運動もバッチリ?!

今回ホム マリがお伺いしたタイのおうちごはんaroinaさん、JR神戸線朝霧という、普通電車しか停車しない駅が‘最寄り駅’よ。
そして、‘最寄り駅’とは言いつつ、お店までは徒歩20分弱
バスもあるみたいだったけれど、あまりバスに慣れていないホム マリ。
どこか全然違うところに行ってしまいそう、という思いの方が強く、お散歩することをチョイスよ。

駅の山側から、地図アプリを参考にしながら歩いてゆくと、徐々に上り坂となってきて、住宅街の中を進んでいくの。
暫くは、ホム マリの中では‘中程度’の傾斜の坂道を登って行くのだけれど、途中で下り坂に変わるのよ。
丘を一つ越える感じね。
すると、前方に見覚えのある国旗が目に入ってきたわ。

「THAI FOOD」とあるのを拝見すると、足取りも軽やかに♪

無事に、タイのおうちごはんaroinaさんに到着!
お店の入り口には、下のお写真のようなタイ雑貨調味料の販売コーナーも。
早速中に入ってみましょ。

お店の中は、可愛いカフェのような佇まいで、所々にタイ調理器具雑貨などがデコレートされていて、タイ料理屋さんらしさを醸し出しているわね。
それに、BGMは、タイラジオが流れているの。
この可愛らしい雰囲気の中で、お食事頂きたかったなぁ…なんて思いつつ、でも今回は、お持ち帰り。
ということで、帰りも電車に乗らないといけないホム マリ。
美味しいタイ料理持っているわよ!’と周囲の方々に香りをお届けしてしまう可能性が心配だったので、今回は、タイマンゴスティッキーライスデザートカオニャオマムアンを頂くことにしたわ。

以前もお話させて頂いたけれど、タイではマンゴの季節は4月~6月くらいが最盛期なので少し早いし、日本のマンゴは更に先なので、どうされていらっしゃるのか気になって、お店の方にお伺いしたら、その時は、メキシコマンゴを使っていらっしゃるとのこと。
なるほどね。
因みに、お料理は、タイ人のシェフが腕を振るっていらっしゃったわ。

そして、ホム マリが気になったのが、お店の入り口で売られていたタイ調味料よ。
お家でタイ料理を楽しんでいるので、いくつかのタイ食材を扱っていらっしゃるお店で調味料を購入させて頂いているけれど、そんな一般的なお店の価格よりもお安いの!!
だから、丁度切らしていたココナッツシュガーも一緒に頂いたわ。
(本当は、もっと購入したかったけれど、他の荷物もあったし、帰りの道のりのことを思って断念。)

思いがけないピクニック!

タイのおうちごはんaroinaさんで、束の間のタイ気分を味わった後、再び元来た道をたどって、朝霧駅へ。
駅全体が見渡せるところに来た時に、ふと、駅の横に海側に向かう通路があるのを発見。
ひょっとして、と思いながら通路に行ってみると、やっぱりに出れるのよ。

朝霧駅と明石海峡大橋よ。奥に見えるのは、淡路島。

ビーチは、少し公園風になっていて、ベンチもありそうだったので、ホム マリは、ルンルン気分♪

こんなに素敵な景色を眺めながら、大好きなカオニャオマムアンを頂けるなんて最高過ぎるわ!

パッケージも可愛らしいわ。
太陽の下、マンゴが輝いてるわ!

ココナッツミルクのソースをたっぷりとかけて。
頂きます!

もち米は、やや硬めの感じだけれど、これが甘いコココナッツミルクとよく馴染んでいておいしいわ。
そこに、無敵のマンゴ
メキシコ産と仰っていたし、何となくアップルマンゴ系のお味がしたけれど、そこまで強くなく、タイマンゴデザートとして成立しているわね。
別添えのココナッツソースは、甘さの中に塩味が感じられて、全体を引き締めてくれているわ。
それに、この気持ちの良いお天気景色
逆にタイでは味わえない(暑すぎるわ!笑。)、日本ならではのタイ料理の楽しみ方を発見できたわね。

正に、テイクアウトの醍醐味を味わうことができるロケーションの「朝霧の可愛いタイ料理屋さん、タイのおうちごはんaroina」。
明石にいらした際には、タイ料理ピクニックもいかがかしら?
それでは、皆さま、チョクディーカ。

ごみは、もちろんお持ち帰りさせて頂いたわよ!

タイのおうちごはんaroinaはどこかしら?

JR神戸線 朝霧駅 徒歩17分。 

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村