皆さま、ご機嫌麗しゅうございますか?
漸くコロナ禍も落ち着きを見せてきた感じがする今日この頃ね。
そんな中、ここ2年(昨年、オンラインでの開催はあったけれどね。)中止となっていた大阪タイフェスティバルが、今年は規模を縮小して開催されたのよ。
ホム マリもウキウキ気分でお伺いしたわ!
今日は、その時の「第19回ミニタイフェスティバル大阪2022」のお話。

お待ちかねのタイフェス

去る6月5日(日)、大阪は難波の湊町リバープレイスなんばハッチ)にて、縮小版とはいえタイフェスが開催されたのよ。
午前10時から午後7時30分までの開催だったので、ホム マリは、午前中からランチをサックッと頂いて帰ろうかしらという感じでプランニングしていたの。
でもホム マリ、この湊町リバープレイスというところに行ったことが無かったので、ちょっと早めに着くように出かけたら、1時間以上も前に着いてしまったのよ。
なので、入り口だけ確認して開門まではどこかでお茶でもしておきましょ、と思って周辺を探索し始めたら、なんと行列が…
これはお茶をしている場合ではないわ!と急遽行列に参戦
幸い日陰だったのと、もたれかかれる壁沿いだったので助かったけれど、並ぶための折りたたみ椅子をご持参の方もいらしたわ。
タイフェス、凄い。
ホム マリの後も、続々と列は伸びて行き、開門までには相当な長さになっていたようよ。
ホム マリは、並びながら、お越しになる方々の観察をさせて頂いていたのだけれど、正に老若男女、幅広い客層で、中にはタイブランドのお洋服やグッズを身に着けていらっしゃる方もいらして、皆さまの‘タイ愛’がひしひしと伝わってきたわ。
そして、開門も10分ほど早まったのよ。

あっという間に人だかり!

ホム マリは、早期に行列に参戦できたお陰で、開門するとすぐに入ることができたわ。
先ず、ホム マリがお伺いしたかったブースは、タイ国政府観光庁よ。
なぜなら、タイ国政府観光庁は、タイの人気の地方ごとのガイドブックやバンコク周辺の詳細な地図、旅行のインスピレーションを与えてくれる素敵なパンフレットなどを作られていて、これらが結構役に立つのよ。
ホームページ上でも入手は可能だけれど、ちゃんとパンフレットになっているほうが、やっぱり使いやすいし、色々書きこんでもプリンターの紙より丈夫なので、タイのお勉強には欠かせないアイテムなのよ。
そんなガイドブックなどを頂きに、他のブースもキョロキョロしながらタイ国政府観光庁のブースに着いたら、なんと既に人だかり
しかも、凄い熱気で、何かを貰おうと皆さま必死なご様子。
ホム マリも、あれよあれよと人の波に呑まれ、おしくらまんじゅうの中へ。
なんと皆さま、タイ国政府観光庁が作っていらっしゃるタイ人俳優さんのアイテムを手に入れようと争奪戦を繰り広げていらっしゃったのね。
タイドラマの影響も凄いものがあるわね。
でも、いや~ホム マリは、地図が欲しいだけなんだけれど…と思いながらも、その時点では、一緒に入っていかないとホム マリの‘押し’が頂けない。
(あまりの人気ぶりに、後で配布方法は変更されていたようだわ。)
なんとか入手して少し離れてみたら、既に会場全体が人・人・人

ご覧になって、凄いでしょ。
なんか、こんな賑わい、久しぶりだわ。
でも、普通に歩いていたら、何かに並んでいらっしゃる列に突入しないといけなかったり、結構なカオスでもあったわ。笑。

もちろん、こういったタイらしいものはあったのだけれど、ホム マリは、お人を見に来た!感じがしたわね。

人混みの中を、一通りブースを拝見して、今回ホム マリが気に入ったのはこちらの蜂蜜よ。

以前、ホム マリは、タイロンガン風味の蜂蜜を買ったことがあって、とても気に入っていたの。
今回、蜂蜜を売っていらっしゃるブースがあったので拝見すると、いろんなフレーバーの蜂蜜があったわよ。
チェンマイ産蜂蜜に、果汁を加えていらっしゃるのだそうで、試食をさせて頂いたら、ホム マリは、中でもマンゴが好みだったので一つ購入させて頂いたの。
どうやって頂くのが良いか、楽しみだわ。

朝から長時間並んだり、人混みの中を歩き回っていると、お腹も減るしのども乾いてくるの。
でも、ここでお食事を頂くのはちょっと大変そうと思って、ホム マリは、名残惜しいけれど退散することにしたの。
お手洗いとかで会場を出てしまうと、また入場の列に並ばないといけないしね。(入場制限をされていたわ。)

各種イベントも絶え間なく繰り広げられていたわよ。

今回、久しぶりにタイフェスに参加させて頂いて、改めて‘日常の楽しみ’の有難さを実感したわ。
第19回ミニタイフェスティバル大阪2022」を開催してくださって、感謝ね。
来年こそは、今までどおり、大阪城公園盛大に開催されますように願うばかりだわ。
それでは、皆さま、チョクディーカ。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村