皆さま、ご機嫌麗しゅうございますか?
今日は、バンコク中心部にあるルンピニ公園に住む、生き物のお話。

都会の喧騒を忘れさせてくれる、まさにオアシス!

前回ご紹介したとおり、ルンピニ公園は、バンコクっ子にとっては憩いの場。でも、この快適な環境は、人間以外にも当てはまるようで…

池の周りをお散歩していたら、かなりの確率で、オオトカゲちゃんたちに出会えます!

池の中をスイスイ
カラスと比べると、こんな感じ。葉っぱをくわえているわね。

日本人のホム マリからすると、動物園級の大きさのトカゲ!!こんなのが、普通にノソノソ歩いていたりする横で、太極拳やってるから、驚きだったわ!!
向こうから人を襲ってくることはないらしいけれど、ちょっかいかけたり、歩きスマホしていて尻尾踏んだりなんかしたら、どうなるか知らないわよ!!!
それから、ルンピニ公園オオトカゲとは関係ないけれど、タイではよく、ニシキヘビがペットのワンコを丸呑みした!というようなニュースがあるのよね。恐ろしいお話だけれど、こういうのも含めて、‘異国情緒’かしらね。

ルンピ二公園の場所

BTSラチャダムリ 徒歩約10分
MRTシーロム  1番出口すぐ

今回は、ちょっとびっくりな写真が多かったかもだけれど、このオオトカゲにお目にかかると、「あぁ、バンコクにきたなぁ。」と思うようになるから、不思議なものよ。
しかも、大都会バンコクのど真ん中で、こんな動物がいるのが驚きね!
それでは皆さま、チョクディーカ。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村