皆さま、ご機嫌麗しゅうございますか?
バンコク観光でいらして、もちろんお寺巡りは欠かせないけれど、クリスマスから年末年始の時期には、ド派手なイルミネーションも見逃せないわよ!
今日は、ホム マリが撮りためた、そんな「クリスマスイルミネーション in バンコク」のお話。

ここは仏教国?!

皆さまもご存知のとおり、タイは敬虔な仏教国よ。
国民の95%仏教徒(小乗仏教ね)で、仏教に関する祝祭日もあるお国柄。
なのに、クリスマス?!と思われるわよね。
そこは、タイ人柔軟なところで、‘良いもの’‘楽しいこと’は、何に関しても直ぐに取り入れてしまうのよ。
なので、タイ人も日本人と同じような感覚でクリスマスを楽しんでいるのよ。そして、彼らの‘凝ったら凄い!’という性格がいかんなく発揮されているのが、「クリスマスイルミネーション in バンコク」と言ってもよいのではないかしら。

最大の見どころ、ラチャプラソンエリア

セントラルワールドゲイソンヴィレッジなど、多くの商業施設が立ち並び、観光バンコクにお越しなら、一度は立ち寄るエリアよね。
そんな通常でも賑やかなエリアが、イルミネーションの時期になると、一段と華やかさを増して、賑わうのよ。

ほら、ご覧になって、この混雑ぶり!平日の夜でもこの様な感じよ。
写真を撮って楽しめるイルミネーションオブジェが毎年たくさんあるので、タイ人も楽しみにされているみたいね。
そして、写真を撮るのを待つにしても、寒くない!のがいいのよ!!

こちらは、同じ場所のお昼間の様子よ。
お昼間でも、これはこれで充分見ていて可愛らしいのよ。
ちなみにこちら、セントラルワールドの前のクリスマスツリーは、‘東南アジア一’の高さを誇ったこともある巨大ツリーなのよ。 

このエリアで、ホム マリが次にお薦めなのが、ペニンシュラプラザイルミネーションよ。
入口がひな壇のような階段状になっていて、その階段を上手に使って、毎年凝ったデコレーションをされているわ。
可愛らしいお人形が多いのもこちらの特徴で、楽しい写真が撮れると思うわよ。

そして、そのお隣、アナンタラホテルでは、なんともタイっぽいクリスマスのお写真が撮れるわよ。

ヤシの木などの南国っぽい木々に紛れるクリスマスツリーよ。横には、ゾウもいて、タイクリスマスでしょ?
もちろん夜にはライトアップされて、お昼間とは違った輝きを放っているわ。

ほかには、アマリンプラザホリディインの前もカラフルなイルミネーションで賑わいを見せているのよ。
そして、BTSチットロム駅から続く、スカイウォークでさえもご覧のイルミネーション
街全体がテーマパーク’っていうのもお分かりいただけるかしら?

ディズニーリゾート周辺のホテル予約

まだまだ見どころはたくさん!

こちらは、エムクオーティエイルミネーション
ここにも‘体験型イルミネーション’があって、フォトタイム!になること間違いないわ。

お向かいのエンポリアムにも巨大ツリーよ
セントラルチットロムと奥のビル(クリスマスツリー)は、コラボしたような美しさだったわ

屋内で趣向を凝らしたオブジェも忘れてはいけないわね。
例えば、セントラルエンバシーのある年よ。

お写真では、この迫力が伝わりづらいのが残念だけれど、広い中央の吹き抜けに、おもちゃ箱のような楽しいオブジェだったわ。

立ち寄ったホテルの中のツリーよ

そして、タイを出発する直前まで!

熱帯の国の空港よ。笑

いかがかしら?
クリスマスイルミネーション in バンコク」の凄さを少しでもお伝えできたかしら?
タイ人お写真大好きなので、写真映えするようなスポットも多いのよ。
そして、クリスマスの当日は、職場でもミニパーティーがあったり、金額を決めてプレゼント交換をしたりするのよ。微笑ましいでしょ!
このようなイルミネーションは、年明け後も残っているところが多いので、年末年始のご旅行ならバッチリ楽しめるわよ。
ただ、カウントダウンのようなイベント時は安全に気を付けないといけないけれどね。
それでは、皆さまもこの「クリスマスイルミネーション in バンコク」を是非楽しまれて、メリークリスマス カ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村